始める時期

中学入試や高校入試で第一志望校に合格するためには、日ごろから地道に勉強することが大切である。
しかし単に勉強するだけではなくて、無理をしないで無駄のない計画的な学習がポイントであろう。
そのためには受験に最適な学習塾を上手に活用して、志望校の出題傾向に合わせて勉強することが理想的である。
特に入試問題の出題傾向を熟知している、10年以上のキャリアのある先生の指導を受けるのが効果的である。
そのような先生であれば、生徒の志望校と学力に合わせてわかりやすく指導してくれるであろう。
また問題の解き方をじっくりと指導してくれる先生に教えてもらい、そのノウハウを様々な場面で応用することで、入試本番でもしっかりと得点を確保できるであろう。

時代とともに少しずつ中学入試や高校入試のスタイルも変わっているのが最近の特徴的である。
特に記述問題が増えたり作文が出題されるなど、今後も考える力が問われる出題が増えるであろう。
そのために受験指導を行う学習塾でも、個別指導や添削指導を今後も強化するであろう。
また一方で受験生の主体的な学習が合格の鍵なので、学習塾では自習室の充実にも力を入れるであろう。
そして生徒が学力を的確に把握できるように、様々なスタイルの模試が登場しているのが最近のトレンドである。
特に公立の中高一貫校向けやトップレベルの高校向けの模試も増えているので、学力だけではなくて合格の可能性も的確に判定できるであろう。
そして模試のデータは、今後も志望校を決めるときに役立てることが可能であろう。